Archive for 5月, 2014

通信制高校と高等学校卒業程度認定試験

金曜日, 5月 30th, 2014

大学への進学や国家試験を受けるといった明確な目標がある場合には、高等学校卒業程度認定試験に合格するという手段も大変効率的です。
中退などである程度の単位を持っているという場合にも、高等学校卒業程度認定試験が早道と考えることもあるでしょう。
通信制高校の卒業によって得られるような「高校卒業の資格」は、合格によって得られるものではありません。
しかし通信制高校を併用して高等学校卒業程度認定試験の合格を目指すといった方法をとっている人も多く見られます。


<通信制高校と高等学校卒業程度認定試験の合格>

高等学校卒業程度認定試験の合格率は、毎年30%程度と言われています。
単位を認定されれば次には免除となりますので、単位の貯金をする事は可能です。
必ずしも一発合格でなくてかまいませんので、30%の合格率は「難関だ」と悲観する数字でもありません。
高等学校卒業程度認定試験の合格を楽にするために、通信制高校での単位取得を利用している人もいます。
どちらの単位もお互いに加算することができますので、「2つのうちどちらかが早く合格、もしくは卒業すればいい」という使い方ができるのです。
順調にいけば、現役合格と同じ年に大学や短大、専門学校への進学が叶うということになるのです。