通信制高校と定時制

1月 10th, 2014

高等学校には全日制高校と通信制高校の他に定時制高校と呼ばれる選択肢が存在します。またその性質からしばしば定時制と間違われる通信制高校もあると言います。


定時制高校の概要

定時制高校の多くは全日制高校の校舎を借りる、あるいは全日制高校が定時制も併せて運営しているケースが多く、全日制高校の生徒が帰った後の夜間や休日などを利用し授業を教えているのが一般的です。どうしても全日制と比べて授業時間が少なくなるので従来は卒業に4年かかっていましたが最近では3年で卒業できる定時制もあるようです。またその性質上既に働いている人が仕事の後に通うといった事も可能です。


混同しやすい通信制高校

通信制高校は単位制である他様々な点で定時制とは根本的に異なります。しかし一部の通信制はスクーリングの時間帯が夜間であったり、毎週土曜日固定であったりと傍から見たら定時制のように見える学校もあります。また定時制と通信制は両方とも私服可の学校が多く、また通信制にも一部全日制高校が運営している学校もある為このあたりも混同の原因となっています。ただどちらの学校でも取れる卒業資格は同じですし、定時制高校が通える距離にあり夜間ならば週5で通える、という事であれば自身にとって適した学校を選ぶと良いでしょう。

Comments are closed.